杉の成長が盛んになる今からの時期は、水分を多く含み簡単に皮を剥ぐことができます。

杉皮は庭門の屋根などに使われます。

古民家においては、瓦屋根の葺き土の下に敷いて、雨漏りを防ぐのに使われたりしてるのをよく見かけます。

今でいうルーフィング(防水紙)の役割をしていました。

自然素材を上手に使う。これも先人の知恵ですね。