新民家に使われる松の大曲り古材の墨付けが始まりました。

長さは7m近くあり、ブーメランのように曲がっている古材ですが、棟梁の緻密な計算により墨付けが行われていきます。

組みあがると一番の見どころになると思います。出来上がるのが楽しみです。