背割りとは、未乾燥の心持ち材などにおいて、乾燥による材面割れを防止・軽減させるために行う工法です。

見えなくなる面に、適度な深さの溝を材木の全長に渡って入れます。この「背割り」は柱や化粧材として使用される木材に行われます。

背割があることにより、中心までしっかり乾燥するという効果もあります。