新民家の現場の縄張り作業が行われました。地縄張りとも呼ばれたりしますが、住宅の建築工事の初めに行うもので、設計図を確認しながら紐を地面に張って、敷地内において建物の位置を示していく大事な作業になります。

お施主様立会いの下、家の位置確認をし、後に建てる車庫の位置も確認し、車の出入りに支障をきたさないかというところまでチェックしてもらい位置が決定しました。

今後地盤調査が行われ、いよいよ工事がスタートします。