伐採した丸太を搬出する方法は、山に作業道を作って高性能林業機械による車両集材が主流ですが、急峻地だったり、川があったりで車両が入れないような場所では、架線集材という方法があります。

ロープウェイの様な集材装置を使って空中にワイヤロープを張り、伐採した丸太を集積場まで吊るして運びます。

曲がりくねった道を通る必要もないので、長尺材のまま搬出することができます。

架線集材は、作業道を作る必要がないので、林床を荒らさない、山の環境に優しいというメリットもあります。